M&A事例紹介

会社の成長と従業員の雇用を守るために、次世代へ譲渡した事例

2022年5月11日

譲渡企業
トラック運送業
譲受企業
建設業
譲渡企業 譲受企業
業種 トラック運送業 建設業
地域 長崎県 長崎県
売上規模 1億円以下
従業員数 10名以下 10名~20名
M&Aの目的 後継者不在 事業の拡大
成約までの期間
2年
当社の役割
譲渡企業のM&Aアドバイザー
概要

 譲渡企業の代表は、会計事務所の担当者から事業承継について聞かれたことをきっかけに、自社の行く末について改めて熟考し、第三者承継を行う意思を固めて、当社とアドバイザリー契約を結びました。代表がM&Aを決断したのは、シナジーのある他社と組むことで会社の成長と従業員の雇用維持に繋がると考えたからでした。

 当社はバトンズを利用しつつ、金融機関やM&Aブティックとも情報交換を行い、2社とトップ面談の場を設けました。最終的には創業7期でこれから事業を拡大させようとしている譲受企業に譲渡することを代表が決断されました。

 譲受企業のアドバイザーは金融機関が担当し、当社の担当者と密に連絡を取り合いながら交渉を進め、無事成約となりました。

M&A事例紹介一覧へ戻る